当社提携の弁護士が監修した法律実例レポートが講読できます。歯科関連の訴訟問題だけでなく、相続・事故などの一般的な分野まで、わかりやすく解説。訴訟など個別のご相談をご希望の方は、弁護士へお取り次ぎもいたします。

職場におけるパワーハラスメントについて
様々なハラスメント問題が注目されるようになり、世間では「◯◯ハラ」という言葉が急スピードで増加していると感じます。中でも私自身が、日々多くのスタッフと接する医院内において、最も気を遣っているのはパワハラです。
具体的にどのような行為が問題であるか、またどのような対策が有効かを教えてください。


私たちが生活する社会には様々なハラスメントが存在しています。例えば、パワハラやセクハラ、妊娠・出産・育児休業等ハラスメント、介護休業等ハラスメント、アカハラ等その場面や態様も多岐に渡ります。
その中でも相談件数が一番多いのは「パワハラ」であり、厚生労働省が実施した職場のハラスメントに関する実態調査によれば、勤務先におけるハラスメントの経験の有無・頻度を聞いたところ、31.4%の労働者が勤務先においてパワハラを経験したと回答しており、職場におけるパワハラ対策は避けて通れない課題となっています。



つづきを読む