コミュニケーションのプロが会話術をレクチャー。「ドクターとスタッフと患者さんの
ココロの架け橋を作る」ことを目的に、コミュニケーション社会の様々な場面で役立つ
ヒント集が活用いただけます。

Vol.186
ミーティングで批判めいた問題提起が多い理由

スタッフとの意思疎通を図り、医院をより良くするために行なっているミーティング。
なのに、スタッフから出てくる発言は、院長や医院のやり方に対する批判めいた言葉が目立つ。同席している勤務ドクターがミーティング後に「院長も大変ですね、、、」と気を遣ってくれるほど。そんな光景、見たことはありませんか?

ある医院での話です。院長が「◯◯について、みんなの意見を聞かせて欲しい」と言いながら、実は院長の中で既にやると決めていることを、スタッフに見透かされていた。 そのため、スタッフから「どうせ、意見を言ったところで、院長の考えは変わらないんですよね?」と冷めた発言があり、その場に緊張が走った。

つづきを読む