コミュニケーションのプロが会話術をレクチャー。「ドクターとスタッフと患者さんの
ココロの架け橋を作る」ことを目的に、コミュニケーション社会の様々な場面で役立つ
ヒント集が活用いただけます。

Vol.187
目先の仕事に囚われて、遠くが見えない人へ

目の前の仕事に専念して、がんばってくれているが、もっと先のビジョンにも目を向けて欲しい。医院がどこに向かおうとしているか、そして理想の医療とは何か、を考えて、今の仕事をして欲しい。そんな不満や欲求を持つ院長の声をよく聞きます。

この時、1つ気をつけておきたいことがあります。
それは、「もしかしたら、過剰な期待をかけてしまっているかもしれない」ということです。 先日、ある院長が、こんな話を聞かせてくれました。

つづきを読む